プレスリリース

QVCのAIリアルタイム字幕放送が12時間化へ

テレビショッピングを中⼼としたマルチプラットフォーム通販企業の株式会社QVCジャパン(千葉県千葉市、代表取締役最⾼経営責任者(CEO)伊藤 淳史、以下「QVC」)は、2023年6月1日(木)より、生放送のテレビショッピング番組と連動するAI自動字幕付与システムの運用を12時間へ拡大したことを発表いたします。

QVCは、昨年12月15日にAI自動字幕付与システムの運用を開始以来、生放送中のテレビショッピング番組でのナビゲーターやゲストの会話をAIに認識させ、自動で文字列に変換し、リアルタイムで字幕表示を行っています。

2023年6月1日(木)以降はAI自動字幕付与システムの運用を12時間へ拡大し、現在は午前0時枠~6時枠、午後13時枠~17時枠の放送番組でAI自動字幕を表示しています。本システムの運用枠拡大により、聴覚に障がいがある方も、お買い物チャンネルQVCでのテレビショッピングをより長時間お楽しみいただけるようになります。

当社は企業として、未来を彩るサステナブルなショッピング体験をお客さまへお届けするためのCR(コーポレートレスポンシビリティ)活動を推進しています。QVCは「Planet(地球)」「People(人)」「Product(商品)」という3つの「P」の領域でそれぞれ行動計画を策定し、社会貢献活動に取り組んでおります。

なかでも、本AI自動字幕付与システムの導入・運用により「People(人)」の領域において、より多様な人材に力を与え活力となるよう積極的に支援することを目指しています。それはDE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)、多様性を公正に受け入れることを促進する取り組みでもあり、国連が推奨するSDGsゴールの一つである「10.人や国の不平等をなくそう」を意識し、行動するための施策へ反映しています。

QVCは誰もが自分らしくいられる公正な社会の実現を目指し、多様性を受け入れたインクルーシブな環境を企業内、そしてお客さま、さらに地域社会へと広げる取り組みを今後も進めてまいります。

お問い合わせ

株式会社QVCジャパン
広報部 メールアドレス:QVC-communication@qvcjp.com

QVCジャパンについて

株式会社QVCジャパン(https://qvc.jp)は、2000年にアメリカ・ペンシルバニア州に本社を置くQVC社と、三井物産株 式会社が60対40の合弁で設⽴したテレビショッピングを主体としたマルチメディア通販企業です。社名のQVCはQuality (品質)、Value(価値)、Convenience(利便性)の頭⽂字をとったもので、企業理念がそのまま会社名になっています。株式会社QVCジャパンは2001年4⽉1⽇午前8時に放送を開始。2004年には国内のテレビ会社では初めてとなる24 時間連続⽣放送をスタートしました。2018年12⽉1⽇午前10時より、全額出資⼦会社であるQVCサテライトを通じて放 送する、BS4Kの12チャンネル(4K QVC)で4K放送を開始。QVCの番組はBSデジタル4ch(BS⽇テレ)、11ch(BS1 1)、12ch(トゥエルビ)、スカパー!、各CATV(⼀部地域除く)、QVCライブ(インターネットテレビ放送 QVC.jp)、QVCアプリ(iPhone と Android 端末向けのアプリケーション)に加え、⺠放系のBS 4K放送事業者のチャンネルでは、ピュア4K HDRでの放送をご覧頂けます。詳細はQVCジャパンのホームページ(https://qvc.jp/information/4KQVC)よりご確認頂けます。

もっと見る
もっと見る (+75)
You are now going to be redirected to